頭皮の紫外線(UV)ケアのお話!


紫外線は夏に最も多くなりますが、冬も雪の照り返しで実は結構紫外線に当たってしまいます。このページで頭皮と肌の紫外線対策について説明していきます。

ケン先生!夏の紫外線は肌に良くないとよく聞きますが、紫外線ってどんな仕組みで肌に良くないのですか? あと、どういうケアをしていけばいいのですか?
紫外線は英語で「ウルトラヴァイオレットレイズ(Ultra violet rays)」というのですが、このウルトラバイオレットを略して「UV」と呼ぶんですが、「UV」にはA波・B波・C波という、異なる波長の光線が含まれているんです。その三つのうちの紫外線A波(UVA)がシミやしわの発生に大きく関わっているそうです。
太陽の光って、私たちの目に見える「可視光線」と、その他に「赤外線」「紫外線」「X線」「ガンマ線」などが含まれているんですが、紫外線はさらにその波長の長さによって「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」に分けられます。そして、UVA→UVB→UVCの順で右に行くほど一番光線の波長が短くなり、短いほど身体への影響力が強いのですが、逆に地球を取り巻くオゾン層にカットされやすくなります。
なので、「ガンマ線」「X線」「UVC」はオゾン層に阻まれ、地上に届くことはありませんが、「UVA」と「UVB」という2種類の紫外線は地上に届きます。
そして、UVCの次に波長が短く影響力の強いUVBが、長時間の日焼けでやけどのように肌を真っ赤にしたり、水膨れができたり等の火傷に近い日焼け(サンバーン)の主な原因となります。UVBはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因になります。ただし、波長が短い分、UVAに比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量なんですが、それでもなるべく当たらないように日常生活の中で、例えば日傘を使う、日焼け止めクリームを塗る、帽子やサングラス、アームウォーマーで肌露出を控えるなどして極力直射日光に当たらないように心がけるだけでも、ある程度の防御が出来ます。
一番波長の長いUVAは、当たると肌を黒くする(サンタン)を起こしますがUVBほど肌に急激な変化を与えません。そう聞くと安心してしまうかもしれませんが、UVBよりも肌への影響は少ないのですが、近年の研究では、このUVAがシミやしわの発生に大きく関わっていることがわかってきたそうですよ。なので、UVAも若いうちは魅力的な小麦色の肌!でも年取ってから、じわじわと肌に様々な影響を及ぼすんですね。しかもUVAは、オゾン層を通り抜けやすく、常時、UVBの20倍以上も地上に降り注いでいますし、雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、UVカットガラスにする等、家の中でも対策が必要ですし、一見太陽が隠れて日に焼けなさそうな曇りの日も気を付けなければいけません。
ちなみに紫外線の時間帯でのピークは8時ころから急激に増え、10時から14時がピークで、北半球で1年を通してみると3月から急激に増えピークは7~8月で9月まで高い量で推移して12月が最も少なくなります。(南半球は逆)ただし、ピークの7月を100としたとして、最も紫外線量の少ない12月でも50程有りますのでゼロではなく半減なので12月でも対策が必要ですし、雪があると照り返しで地面からも紫外線に当たるので少ないからといって安心できません。僕はウィンタースポーツするので、雪焼けして顔は焼けてるけど目の周りはゴーグルの形に白いままの変な日焼けになってしまいます。ちなみに、サンバーンを引き起こすUVBは、7月より8月のほうが多いそうですよ!オゾン層が最も薄くなるのが8月何ですって!
なるほど~一年中気を付けないといけないんですね!自分だけでなく、うちの子にも気を付けさせないと……
まあ、過剰に気にし過ぎて日光に当たらないのも健康に悪いですし、子供は外で遊んで元気いっぱいが一番ですよ!良くないのは日焼けサロンで何年も継続して真っ黒に焼きすぎるような過剰な日焼けを繰り返したりする事であって、小学生が普通の生活を送っている分には大丈夫ですよ!
ただし、普通に生活している以上の過剰な紫外線や、成年、中年期以降に紫外線をあまり浴び続けると、「光老化」という現象が起こります。
同じ人でも、日光にほとんど触れることのない「おしりの肌」がツルツルしているのに比べ、日光を浴びやすい「手の甲の肌」はしわやたるみが多くなっているのは、紫外線が肌の老化に深く関係している事を表しています。
紫外線の本当の怖さは、当たるとすぐに赤くなったり黒くなったりする事ではなく、光老化という、徐々に紫外線が蓄積されて起きてくる肌の変化なのです。光老化は、紫外線を浴びた時間と強さに比例するといわれていますので、普通に生活している分の日焼けは許容範囲だとしても、過度な日焼けが良くないのは蓄積による光老化があるからです。
顔や手のように直接紫外線を浴びるケースが多い露出部の肌の老化原因の約8割は光老化にあるといわれていますし、自然老化と比べた場合の皮膚の特徴も明らかに異なります。
しかし紫外線は肌に悪影響を及ぼしますが、実は、人間の身体にはこれに対抗する機能として「メラニン色素」という防御機能を持っています。日光を浴びた後、肌が黒くなる症状を「サンタン」と呼びますが、これは体内のメラニン色素が紫外線から肌を守るために増えた為で、メラニンが肌を守る黒いフィルターのような役割を果たしてくれているのです。
通常は、増えたメラニンは、肌のターンオーバーによって角質細胞と一緒にはがれ落ち、次第に肌の色も元に戻るんですが、長い期間、多量の紫外線を浴び続けると、肌細胞に傷がついて、メラニン色素を作り続けたり、メラニンの排泄が上手くいかなくなって、肌にいつまでも黒いままの部分ができてしまうんです。これが「シミ」の原因の1つなんですね。
あと、シミだけでなく、過度な紫外線はシワの原因にもなります。肌の真皮にはコラーゲン線維がしっかりと張られ、それぞれが交わるように交差していて、肌はピンと張り弾力を保っていますが、紫外線に当たり続けるとこのコラーゲンの線維が切れたり、分解する酵素が活発になるなどして、シワやたるみが引き起こされます。
紫外線が当たると活性酸素発生するのですがシワは特に活性酸素がかかわっているそうです。幼年、少年、青年のうちは大丈夫でも、成年期以降はUVA・UVB両面からのケアに努めて、中年期老年期に若々しくきれいな肌でいたいものですね!
ありがとうございます。次は 髪のUVケアについて聞きたいと思いますのでよろしくお願いします。

こんな髪の記事も読まれています

 

痩せた髪をリケラでアンチエイジング!
髪の紫外線ケアのお話
オーダーメイド部分縮毛矯正のお話
流さないトリートメントってどういうのを選べば良いですか?

似合うヘアカラーの見つけ方お教えします!

ダメージさせない正しいシャンプーの仕方
楽しい食事で髪育て!健やかな髪と頭皮を育てる栄養素の話
ケン先生!寒色系カラーに飽きましたが暖色系カラーはイヤ!なんかいい色ありますか?
ケン先生!白髪は抜いていいの?
ケン先生!美容室でトリートメントしても三日くらいですぐ効果がなくなります!良い方法はありますか?
ケン先生!カラーを染めても、 すぐ色抜けしないようにする良い方法はありますか?
ケン先生!白髪が出て来ました!予防法は?
ケン先生!加齢とともに髪のハリコシが無くなってきました!
ケン先生!冬になると静電気で髪が浮いてきます!何かいい対策法は無いでしょうか!


こんな頭皮記事も読まれています

 

カラーの後の痒みは危険信号!ホームカラーの危険性のお話
過度の日焼けは光老化の原因?肌への紫外線の影響のお話
ケン先生!ストレスは頭皮に悪影響と聞きましたがストレス対処法について教えてください!
ケン先生!リンパマッサージについて教えてください!
ケン先生!頭皮のデトックスやリンパについて教えてください!
ケン先生!頭皮の様々な症状や解決方法について教えてください!
ケン先生!なぜ頭皮や髪は汚れるの?お湯だけでもある程度汚れは落ちるの?
ケン先生!シャンプ―が合ってないと皮脂が残って、頭皮トラブルにつながると聞きますが、どのように頭皮のケアしたらよいですか?
エミ先生!頭皮に湿疹が!原因と改善方法教えて!
頭皮の乾燥はどうしたら良いか
ケン先生!頭皮が痒いんです!助けてください!


[alt]ː髪のお悩み解決コラム記事一覧
   
頭皮のお悩み解決コラム記事一覧
TEL  011-299-7801
営業時間 : 10:00~19:00 
定休日 定休日 無休(年末年始をのぞく・スタイリストごとに週休二日制でお休みあり)・年末年始五日間休み
駐車場6台あり 
 
メール&電話予約
 
 
LINE@登録